目的別シャンプーの選び方

あなたに合ったシャンプーはどれ?シャンプーの選び方を知ろう

シャンプーはニーズに合わせて選ぼう

この記事をシェアする

シャンプーは大別すると三種類

シャンプーは使用されている洗浄成分により、大きく分けて三種類あります。

まず、高級アルコール系シャンプーと呼ばれているもの。
高級というのはアルコールの質のことで、安価な市販シャンプーの多くはこれに該当します。
洗浄力が強いですが、刺激が強いという難点があります。
適度な量であれば、頭皮の皮脂は肌の保護に必要です。
皮脂の量が普通以下の人には、頭皮への刺激が強過ぎるといわれています。

次に、石鹸系シャンプーです。
これはあまり化学成分が入っていないため、過度な刺激がなく、赤ちゃんなどに向いています。
ただし、多くの石鹸系シャンプーはアルカリ性です。
頭皮は弱酸性ですから、洗い心地に違和感を感じる人もいます。

最後は、アミノ酸系シャンプーです。
これには、人体を作っているたんぱく質の元・アミノ酸が使用されています。
保湿や髪の補修をしながら洗えるので品質は良いといえますが、高値の傾向があります。

さらに細かく分けてみよう

弱酸性、アルカリ性、シリコンの有無など、シャンプーにはさらに細かい違いがあります。
人の体も弱酸性なので、弱酸性のシャンプーは刺激が少ないです。
アミノ酸系シャンプーはこれですね。
それに対して、アルカリ性のシャンプーは髪の毛がキシキシするなど、洗い心地に難があります。
石鹸系シャンプーはアルカリ性です。
高級アルコール系シャンプーには、弱酸性のものもアルカリ性のものも販売されています。
また、シリコンシャンプーのシリコンとは、合成化学物のひとつです。
頭皮や髪をコーティングするため、洗い心地はサラサラです。
それに対して、シリコンシャンプーの洗い心地は自然です。
キシキシ感が苦手だと感じる人もいますが、コーティングしない分、育毛剤などの浸透を邪魔しません。

ちなみに、皮脂量などは個人差だけではなく、大きく見ると男女差もあります。
ご自分の性別に合ったシャンプーを選ぶと、より効果的ですよ。